收藏

ルイヴィトン 財布 ダミエ グラフィット編集

 ここで景瀬は笑いを消した。 「あまりにも非常識すぎて、納得してもらうことなど不可能。覚悟を決める余裕ぐらいは与えたいけど、何年も修行させるわけにもいかない。そこまでの余裕はない。確かに、この世界では外装域時間はほとんど流れないけれど、それでも、外の�マバロハーレイ�に残された余裕は、ぎりぎりなほどに一瞬しかない」 「一瞬……?」 「本来なら、あなたも私も同じ——実際に戦っている�コア�の中にいるもうひとつの人格のようなもの——絶対真空の、超絶虚空に人の精神が押し潰されないために用意されている�発狂しないための妄想�——それが私たちと、この世界。でもあなたは、あなたの元になっているコアは敵の一撃を受け、精神崩壊を起こして壊れてしまった。だから本来なら奥に引っ込んで、ただコアが孤独に押し潰されないために、地に足が着いた生活をしていれば良かった�予備�のあなたが、新たなコアとなって…………を操らなくてはならない」  こっちに理解できなくとも、景瀬は一方的に�説明�を続ける。 「ち、ちょっと待て! なんて言った? 何を�操る�って——」 「それ[#「それ」に傍点]に付けられている本当の名前は特殊すぎて、この世界の言葉では説明できない。だからその機能から便宜上——」  兵吾は、ふいにめまい[#「めまい」に傍点]を感じた。この感覚は前にも感じたことがあった。そうだ、あれはこの女と初めて会って、そして聡美にひっぱたかれた、あのときの…… (あのときに……�コア�に一撃が?)  前後関係などまったく理解できないのに、兵吾はそれを悟った。頬に、ふたたび聡美にひっぱたかれた感覚がした。そして目の前に火花が散ったような気がして、同時に景瀬がその名前を言うのがかすかに耳に届いてきて…… 「その名を�|夜を視るもの《ナ イ ト ウ ォ ッ チ》�と呼ぶ——」  そして停められていた時間が流れ出し、工藤兵吾は、真空のただ中に放り出されていた。      4. �……敵�
表示ラベル:
404 Not Found

404 Not Found


nginx