收藏

プラダ 財布 新作編集

 峰月庵を予約したのは、綾香のほうだし、二間つづきの離れで酒食を摂《と》るということは、隣に夜具の用意をしておくということが含まれていた。秋津が切子ガラスの酒器に残っていた冷酒を飲み干して、襖《ふすま》をあけると、驚いたことに、綾香はのべられた夜具の枕許に、つくねんと後ろむきに座っていた。 「あなた、いつあの娘に手をつけたの?」  あの娘、というのが、仙道香津美のことであるということに気づくのに一瞬、間があった。秋津は話題が大原憲司の轢き逃げのことから一転して、秋津の女性関係のことに移ったのにためらい、また綾香のような女でも、小娘のことが気になるのかな、と怪訝《けげん》に思って、 「どうして、そんなことを聞くんですか?」  できれば、そんな話題は遠去《とおざ》けたかった。 「気になるわよ。きれいな娘さんじゃないの。まさかあなた、処女をひらいたというわけじゃないでしょうね」 「もしそうだったら、不都合でしょうか」 「私はちっとも困らないけど、あなたのほうが困るんじゃないの。何か暗い感じがしたけど、男を惹《ひ》きつける眼をしていたわ。ああいう娘って、まっしぐらにのめりこんでゆくんだから、生命がいくつあっても足りないわよ」 (まるで、自分のことを言ってるみたいだ)  秋津は、苦笑した。夏宮綾香も、自分でいうほど遊び感覚で男を愉しむタイプではなく、どちらかというと、まっしぐらにのめりこむほうである。  秋津は無言で、浴衣に着がえた。  まるで家に戻った亭主のようである。  夜具にはいると、まだそこにつくねんと座っている綾香の手を引き、 「綾香さん……どうしたの、今日は」 「あの娘の眼の色が、まだ私の頭の中に残っているわ。あれは女の歓《よろこ》びを知りはじめたものの、ひたむきな眼の色よ」  秋津は起きあがって、綾香の肩を抱いた。接吻を交わし、二人とも夜具の上に斜めに倒れこんだ。 「ああ……則文……よその女を、抱いちゃいや」  綾香はようやく、物狂おしい接吻を返してきた。
表示ラベル:

黎明乐基儿恋情selmer saxophonewwe100 shuai背包女学生 小清新 简约九分裤女 小脚裤 韩版 开叉trpceski水原希子同款毛衣彩虹韩版情侣衬衫长款长袖简佳收纳盒inaam kachachieachine falcon徐梦英的爸爸张予曦个人资料身高体重riitek2015福特翼虎后备箱垫专用gp41398春装t恤女长袖 宽松 印花篮球鞋阿迪达斯rose6手机支架 粘贴式 车载 床头etxe ondo应急 干电池 充电宝影驰gtx750ti 虎将版千百度凉鞋女款旗舰店高跟牛仔衣女外套棉短款 白色立领创维65寸4k4色电视机小手机超小超迷你收纳盒 塑料 宜家 抽屉式蓝色系带女鞋单鞋三星联通小手机+100元以下情侣装睡衣夏装可爱 性感男士牛仔裤青年修身款小脚裤公牛三相四线电 插座插头强力收腹中腰内裤+女+塑身自拍三脚架 小射钉枪改12号猎枪图片艺术插画头像图片影音先锋的网站是什么东西苹果一键转发小视频加粉大香蕉靠枕吉吉国王图片sunningdangdangyhdctrip